コラム|上尾 歯医者・東大宮の歯科 矯正歯科【医療法人生きる会 白鳥歯科・矯正歯科】インプラント

診療時間 日・祝
9:00~18:00

※受付時間は17:30までとなります。

休診日:水曜・日曜(第4日曜は「矯正日」)・祝日

〒362-0022
埼玉県上尾市瓦葺934-1

tel. 048-723-0000
  • 地図
  • メニュー

見えにくい装置で矯正をもっと身近に

皆さんこんにちは。

白鳥歯科・矯正歯科です。

 

標準的な矯正治療では、金属製のブラケットと金属製のワイヤーを使って歯並びを整えます。

 

 

これは古くからあるシステムで、その治療効果も立証されているのですが、見た目に関しては問題が大きいと言わざるを得ません。

 

 

笑った時に金属色の矯正装置が露わになると、それを美しい感じる人は極めて稀です。

 

 

そのため見えにくい矯正装置の需要が非常に高まってきています。

 
 

見えにくい矯正装置は2種類あります

当院では、見えにくい矯正装置として「マウスピース型矯正」と「裏側矯正(舌側矯正)」を取り扱っております。

 
◎マウスピースを装着して歯を移動する方法

 

マウスピース型矯正(インビザライン)は、従来のワイヤー矯正とは歯を移動するメカニズムが大きく異なります。

 

透明なポリウレタン製のマウスピースを装着するだけで、歯が徐々に移動していくからです。

 

そのため、マウスピース型矯正は見えにくいだけでなく、食事や歯磨きの際に取り外せるなど、その他にもさまざまなメリットが得られる矯正法といえます。

 

ただし、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くなかったり、マウスピースの装着時間を守らないと治療がスムーズに進まなかったりするなどのデメリットも伴います。

 
 
◎歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する方法

 

裏側矯正はその名の通り、歯の裏側にブラケットと矯正用ワイヤーを装着することから、基本的に装置が見えません。

 

もちろん、見る角度によって矯正装置の存在を確認することができますが、いわゆる表側矯正とは比べ物にならないほど装置が目立ちにくいです。

 

また、唾液による自浄作用が働きやすく、むし歯・歯周病のリスクが低いというメリットも得られます。

 

同時に、舌が装置に当たって発音しにくい、表側矯正よりも費用が少し高め、といったデメリットも伴いますのでご注意ください。
 
 

当院は矯正担当医が常駐しております

見えにくい矯正装置は専門性が高く、特別な知識や技術が必要となる場面が多いです。

 

 

そのため経験豊富な歯科医師に治療をお願いした方が良いといえます。

 

 

その点、当院は矯正担当医が常駐しており、さまざまな症例を治療することができます。

 

急なトラブルにも対応しておりますので、困った際にはいつでもご連絡ください。

 
 
 

まとめ

昨今は、技術の進歩も相まって、見えにくい矯正治療を受けやすい環境が整ってきました。

 

 

見えにくい矯正は皆さんが思っている以上に身近なものになっていますので、上尾にお住まいでマウスピース型矯正や裏側矯正をご検討中の方は、一度当院までご連絡ください。

 

 

ていねいにカウンセリングいたします。

 
 
 

見えない矯正【マウスピース矯正】についてもっと詳しく

 

見えない矯正【裏側矯正】についてもっと詳しく