コラム|上尾 歯医者・東大宮の歯科 矯正歯科【医療法人生きる会 白鳥歯科・矯正歯科】インプラント

診療時間 日・祝
9:00~18:00

※受付時間は17:30までとなります。

休診日:水曜・日曜(第4日曜は「矯正日」)・祝日

〒362-0022
埼玉県上尾市瓦葺934-1

tel. 048-723-0000
  • 地図
  • メニュー

子どものむし歯を予防する方法

皆さんこんにちは。

白鳥歯科・矯正歯科です。

 

子どもの歯はむし歯になりやすく、その進行も早いので、予防するに越したことはありません。

そこで当院の小児歯科では、「フッ素塗布」と「シーラント」という予防処置を実施しております。

 

フッ素塗布とは?

フッ素塗布とは、高濃度のフッ素が配合されたジェルを歯の表面に塗り付ける処置です。

市販の歯磨き粉の10倍程度のフッ素が配合されており、むし歯予防効果も極めて高くなっています。

具体的は、フッ素を作用させることで歯の再石灰化が促されます。

また、フルオロアパタイトと呼ばれる特別な構造を作り、むし歯菌に溶かされにくい歯にすることができます。

処置自体はとても簡単で、痛みや不快感を伴いません。5分程度で終了します。

 

シーラントとは?

シーラントとは、奥歯の噛む部分の溝をレジンなどのプラスチック材料で平らにする処置です。

乳歯の奥歯や生えたばかりの永久歯の奥歯は、噛む部分の溝が複雑であり、汚れがたまりやすくなっています。

それを平らにすることで清掃性を高めるのがシーラントの主な目的です。

こちらも施術に伴う痛みや不快感は皆無に等しいです。

歯医者さんが苦手なお子さまでも、安心して治療を受けることができますよ。

 

正しい歯磨き習慣を身に付ける

小児歯科では、上述した予防処置に加え、お子さまが毎日、正しい方法で歯磨きできるよう、ブラッシング指導も行っております。

また、口腔内を清潔に保ちやすくなるような食事の仕方など、生活習慣全般からアドバイスさせていただきます。

お子さまのむし歯をしっかり予防したいという親御さまは、是非当院までご連絡ください。

 

まとめ

このように、子どものむし歯を予防するには、毎日の歯磨きが基本となりますが、フッ素塗布やシーラントといった予防処置を受けるのも効果的です。

予防に優る治療は存在しませんので、皆さんも積極的に予防処置を受けるようにしましょう。

むし歯予防は乳歯の頃から始めるのがベストといえます。