コラム|上尾 歯医者・東大宮の歯科 矯正歯科【医療法人生きる会 白鳥歯科・矯正歯科】インプラント

診療時間 日・祝
9:00~18:00

※受付時間は17:30までとなります。

休診日:水曜・日曜(第4日曜は「矯正日」)・祝日

〒362-0022
埼玉県上尾市瓦葺934-1

tel. 048-723-0000
  • 地図
  • メニュー

マイクロスコープを活用した歯内療法

皆さんこんにちは。

白鳥歯科・矯正歯科です。

 

当院では、歯の根の治療である歯内療法に、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を活用しております。

根管への精密な処置が可能となり、治療の成功率も大きく向上します。

今回はそんなマイクロスコープを活用した精密根管治療についてわかりやすく解説します。

 

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、歯科用に改良された医療用の顕微鏡です。

マイクロスコープを介して術野を観察することで、肉眼の20倍程度まで視野を拡大することができます。

根管という組織は、もともと肉眼では確認できないほど細く、暗く、複雑な構造を呈していることから、マイクロスコープによる視野の拡大は、治療において非常に有益な効果をもたらします。

 

サ内療法の成功率

テ般の歯科で行われている歯内療法は、成功率が50%程度にとどまっている、というデータがあります。

この数値だけ見ても、歯内療法がいかに難しい治療かお分かりいただけるかと思います。

そんな歯内療法の成功率は、マイクロスコープを活用することにより、90%近くまで上昇させることができます。

歯内療法とマイクロスコープはというのは、それくらい相性の良いものなのです。

 

歯を残せる可能性も高まる

歯内療法は、重症化したむし歯に対して適応されるものです。失敗すれば、抜歯せざるを得ないケースが大半といえます。

それだけに、できるだけ精密な根管処置を実施する必要があるのです。

マイクロスコープを活用した歯内療法であれば、患者さまの大切な天然歯も残せる可能性が高まります。

今現在、天然歯に優る人工歯は存在していないため、根管治療で保存する意義は極めて高いといえます。

 

まとめ

このように、当院では難易度の高い歯内療法に、歯科用顕微鏡であるマイクロスコープを活用しております。

精密な処置が可能となり、根管治療の成功率も高まりますので、他院で抜歯しかない、と診断された方も、まずは当院までご相談ください。

もしかしたら歯を抜かずとも治療できるかもしれません。