コラム|上尾 歯医者・東大宮の歯科 矯正歯科【医療法人生きる会 白鳥歯科・矯正歯科】インプラント

診療時間 日・祝
9:00~18:00

※受付時間は17:30までとなります。

休診日:水曜・日曜(第4日曜は「矯正日」)・祝日

〒362-0022
埼玉県上尾市瓦葺934-1

tel. 048-723-0000
  • 地図
  • メニュー

「繰り返さない治療」の重要性

皆さんこんにちは。

白鳥歯科・矯正歯科です。

 

お口の病気というのは、一度治しても再発し、治療を何度も繰り返さなければならないケースも珍しくありません。

とくに歯内療法の再治療率は、ひときわ高くなっています。

歯内療法は、繰り返せば繰り返すほど、歯の寿命が縮まり、最終的には歯そのものを失うことになるのです。

そのため当院では「繰り返さない治療」の実現に注力しております。

 

再治療が必要になる理由

歯内療法で再治療が必要となる最大の理由は、根管治療の難しさにあります。

歯の表面にできたむし歯であれば、病変をドリルで削って確実に除去できますが、根管内となると話は変わります。

根管は細くて暗く、複雑な構造を呈しているだけでなく、外力によって容易に損傷してしまいます。

ですから、従来の盲目的な根管処置を行っていると、根管内を傷つけたり、病変が残存したりすることで、再発の原因が生じます。

 

マイクロスコープによる繊細な根管処置

歯科用顕微鏡であるマイクロスコープを歯内療法に活用すれば、本来は見えない根管内の構造を可視化することができます。

すると、繊細な処置が可能となり、根管内を傷つけるリスクも減ります。

病変の取り残しも大きく減少します。

 

患者さまの負担を減らす

繰り返さない治療を実現することで、患者さまの心身および経済面における負担を大きく減少させることができます。

歯内療法というのはただでさえ長期に及ぶものなので、出来れば最初の治療で完治させたいものですよね。

何より、かけがえのない天然歯の保存にもつながることから、患者さまが得られるメリットが非常に大きくなります。

 

まとめ

このように、白鳥歯科・矯正歯科では繰り返さない治療を実現するために、マイクロスコープによる精密根管治療を実施しております。

他院で歯内療法を受けてむし歯が再発した方も当院であれば、しっかり治せるかもしれませんので、歯の根の症状にお困りなら、お気軽に当院までご連絡ください。