お知らせ|上尾市瓦葺で歯科・歯医者をお探しの方は医療法人生きる会 白鳥歯科・矯正歯科まで

診療時間 日・祝
9:30-18:30
※受付時間は18:00までとなります。
休診日:日曜日・祝日
※定期検診やクリーニングをご希望される方はお電話にてご予約をお取りください。 また託児ご希望の方もお電話にてご予約をお取りください。
  • 電話
  • メニュー
 

歯周病予防について

2017年7月26日 カテゴリ:歯周病

テレビのコマーシャルでも「歯周病」という言葉をよく耳にするようになりましたね。言葉は知っていても、むし歯と違って歯周病は分かりにくくはないですか。上尾にお住まいの皆様も、「自分には関係ない」、「加齢によるものじゃないの?」と思われている方が多いかもしれません。

むし歯は歯が黒くなったり、穴が開いたり、痛んだり、よほど初期のものでなければ、分かりやすい何らかの症状が出てきます。歯医者といえばむし歯という刷り込みが小さい頃からされている影響もあるかもしれません。

確かにむし歯予防も大切なのですが、日本人が歯を失くす原因は、むし歯より歯周病のほうが多いということをご存じでしょうか。上尾の皆様も例外ではありません。歯周病は非常に自覚症状が出にくく、歯茎の腫れや出血、歯がぐらぐらするなどの症状は、随分進行しないと出てこないのです。そのため、自分で気づきにくく、歯医者に行くのが遅れてしまうこともしばしば。それでも、成人の8割もの方が歯周病にかかっていると言われているのです。私は歯周病ではない、残りの2割だという自信はありますか?

歯周病だからといって、治療をあきらめる必要はありません。ちゃんと歯医者で治療をすれば、完全に元の状態には戻すことはできませんが、進行を食い止め、歯や歯茎、粘膜の状態を安定させることはできるのです。しかし、あまりにも進行していては、歯を抜くしかないのです。歯を支える歯槽骨という土台の骨が溶けてしまっているからです。これをさらに放置しておくと、隣の歯の骨まで溶けてしまいます。

入れ歯さえ入れられない、そんな状態にならないためには、早期発見と早期治療が大切です。また、歯周病にならないために適切な予防を定期的に行う必要があります。ご自身でできる予防は、正しい歯磨きを毎日継続してすることです。歯医者で習ったブラッシング法を思い出しながら、丁寧に食べかすや歯垢を落としましょう。歯垢は歯の表面につくネバネバした細菌の固まりで、そのネバネバがバリアの役割を果たすので、唾液が届きにくく、殺菌しにくいのです。そして、歯垢を放置しておくと、やがて歯石へと変化し、歯医者に行かないと落とせなくなってしまいます。まずは毎日の歯磨きで歯垢を落とすことが大切です。

上尾の白鳥歯科・矯正歯科では、患者様に定期的にむし歯や歯周病予防のためのメンテナンスに来ていただくようおすすめしています。そして、予防歯科がなぜ大切なのか、上尾の皆様の歯の健康のためにお伝えしたいと思っています。

 
 
むし歯ゼロで心も身体も健康なお口を目指しましょう